読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それいけ!!ぼにまる家!!

30代兼業主婦のぼにまるの家族とあれこれについて。

出産までの道のり③~陣痛痛すぎからの無事出産~

さて、陣痛室で陣痛促進剤を投入された私。

促進剤は、だんだん量を増やしていくとのこと。

最初は余裕がありました…

(夫がメモを取っていたのでそれを参考にブログ書きました)

 

9:00

陣痛促進剤投入

10:30

だいぶ苦しくなってくるが、まだ話ができるレベル。

11:00

さらに苦しくなる。痛みでいうとお腹ではなくて背中が痛い。きちんと呼吸をすることができて、大きく吸って吸って吐いて~を繰り返す。助産師さんに褒められる。この時、助産師さんにお昼ごはんを食べれるか聞かれて、ハイ。と答える余裕がまだあった。あと、すごい暑くてアイスノンを要求したが、冷えがよくないそうで断られる。むしろ足が冷たいので、靴下をはいた方がいいといわれ、夫にコンビニに靴下を買ってきてもらう。

12:00

とてもご飯が食べれる状態ではなくなる。呼吸もうまくできなくて、痛い!!と声がでてしまう。夫にテニスボールで尾てい骨?あたりを押してもらい、背中をさすってもらうことに。

13:00

陣痛時は夫のテニスボール&マッサージなしでは耐えられないレベル。とにかく痛い。声も出る。そして、助産師さんから陣痛時にいきんでしまうことで赤ちゃんが苦しんでいる。いきまないで。声を出さないで呼吸をして!と怒られるが、無理ぽ…。

13:30

死ぬ。痛くて死ぬ。陣痛も波がなくて、ずっと痛い。誰か私を殺してくれ…。もう耐えられないと発狂するレベル。同じ陣痛室(2人部屋)にいた、私よりも後から来た妊婦さんが先に分娩台へ行ったようで精神的にもダメージ大。

14:00

いきみを逃せない。出産前にいきみを逃すのが辛かったという体験談をいくつも見たが、納得。もう無理!!!!!ということで、夫にナースコールを押してもらう。子宮口が9センチになったため分娩室に移動。最後の力を振り絞ってサクサク移動。

14:30

分娩台に来てからは、だいぶ楽に。陣痛がきたら、ただただ全力でいきむ!助産師さんと先生がいきみ方も教えてくれるから、それとおりにするだけ。しかも、上手よ!もうちょっとよ!と褒めてくれる&ゴールが見えているためやる気が復活。

15:30

娘誕生!私も夫も感動感動。おぎゃーおぎゃーと泣いてくれて一安心。娘を抱っこしている間に胎盤を取り出し、裂けたところを縫い縫い。胎盤は思っている以上に大きかったです。そして、取り上げてくれた女医さんがいい人で、自分の育児の体験談等一緒に雑談していました。

 

陣痛室で同室だった妊婦さんは、終始とても静かで、叫んでいた私が恥ずかしい感じでした。私の周りの経産婦さん達も痛さで叫んだっていっていたけど、本当に我慢できない痛みでした。私は痛みに強いタイプだし、叫ばないよな~って思っていましたが、大絶叫です。もう2度と出産なんてしない!!ってその時は思いました。

 

あと、陣痛時にテニスボールがいきみ逃しにいいと噂に聞いていましたが、まさかこんなに効果があるとは思っていませんでした。陣痛中の水分補給等もふくめて夫のサポートがなかったら、無事出産できていたがどうか…。陣痛中は「早く!さすってよ!」「もっと強く!」「休むな!」「遅い!」と夫に暴言吐きまくりでしたが…。夫も最後は体力の限界が近づいてきていたようで、下着一枚になって汗だくではぁはぁ言いながらヨレヨレになって私をさすっていましたwwww

 

一方、同室の妊婦さんは、旦那さんに『出産まで時間かかるし一旦家に帰っていいよ』と何回も言っていました。

 

私としては、陣痛時に役に立たなくても、出産がいかに苦しいか、共有してほしかったので夫にはずっと立ち会ってほしいと希望していて思いのほか役に立った感じでしたが、人によっては、邪魔に感じたり、苦しいところを見られたくない思いがあったり、出産の数だけいろいろな形がありますよね。

出産までの道のり②~陣痛促進剤投入~

産院についたのは夜の10時ころだったと思います。

本人以外の宿泊はNGなので夫は帰宅。

全室個室の病院なので、

私は自分の部屋で泊まりです。

 

『激しく陣痛がきているようだったらナースコールを。』と言って助産師さんが去っていって、独りぼっち。

 

その夜、陣痛もどきの痛み(今思うと前駆陣痛?)と、はじめての入院の興奮から全く寝られず。お腹…痛い…けど、ナースコールするほどでもないかな…。そうこうしているうちに夜が明けました。

 

(今、本当の陣痛を経験した私から言わせれば、この時の痛みは、陣痛ピークに比べれば蚊に刺されたくらいの痛みでした。)

 

そして朝。

午前7時過ぎ。

一旦帰宅していた夫もまた来院し合流。

院長先生の診察。

このままだと陣痛来ないから、促進剤を使った方がいいとのこと。種類は2つあり、簡単にいうと、点滴の軽いものと錠剤服用の重いもの。そして、促進剤のリスクも説明されました。私は点滴を選択。

 

助産師さんに、点滴用の針を入れてもらったのですが、これが痛い。助産師さんが下手なのか、なかなかいい場所が見つからず、3か所刺されました…。出産後もしばらく内出血は消えず。(普段は、注射得意なのに)

 

あとは、陣痛室で陣痛を待つのみ。

出産までの道のり①~お風呂での破水~

予定日超過の金曜日。

夫は体調悪いという理由で有給。

 

午前中私はおでかけ。

帰ってきて、夫と一緒にショッピングモールへお出かけ。陣痛ジンクスを試してみようと、ランチは焼肉。デザートにパンケーキ。帰りはドラックストアへ寄ってオロナミンCを購入&飲んだ。

 

家では、スクワットをしてみる。

その日の歩数は3万歩を超えていた!!!!

 

そして夜。

今日も陣痛来なかったな~。

このままだと、計画出産で入院して陣痛促進剤かなぁ。と思っていた。

 

寝る準備のためにお風呂へ。

産婦人科の先生から、陣痛を促すために、おっぱいマッサージをするように言われていたため、お風呂(入浴中)でおっぱいマッサージ。

 

すると…『ぱ~ん』

おや???私の中で何か異変が起こった。

慌てて浴槽から出る。

足の間から、何かが垂れているのがわかる。

 

あれ???破水???

それとも、水が入っちゃって、それが垂れているだけ??

 

とりあえず、シャワーを浴びてお風呂を出て、体をふきながら、しばし考える。そのあと、夫に報告する。夫も慌てる。私も冷静を装っていたものの慌てている。

 

まずは、産院に電話しようとするが、診察券が見つからない。(結局最後まで見つからなかった。)

 

診察券見つからないまま電話。状況を伝えると、助産師さんから『生理用のナプキンをあてて、2時間くらい様子を見るように』との指示。がってん。

 

電話後は落ち着かない。破水なのか??

私は、なぜか破水から始まらないとずっと思っていた。

それが破水?!お風呂で!?動揺…。

ネットでも破水した場合は、胎児が感染する可能性があるとのこと。破水した場合は、お風呂やシャワー禁止とのこと。おいおい。私、お風呂に入ってたし、シャワーも浴びてたよ。と不安きわまりない。

 

そして、1時間くらい経過したところで、やはり何かが垂れてきている感じが続く。再度産院に電話をすると、病院にくるようにとの指示。がってん。

 

マタニティタクシーに2社も登録していたが、流しのタクシーの方が早いと夫の判断があり、マンションの前でタクシーを拾う。

 

30分くらいで到着。

中央区でもらったタクシー助成券で夫が支払い。

テンパっていて領収書をもらい損ねる。

(タクシー降りた後に気が付いたことだけど、タクシー助成券の残り約6千円分を夫がタクシーに忘れてくる。出産後、色々電話したけど結局見つからず。)

 

診察では、生理用ナプキンについた液体を検査用紙?につけて、液体が羊水か判断みたいなのですが、結果は見事に羊水。お風呂で破水したようです。

 

その場で抗生物質をもらい服用。

破水しているので、その日から入院です。

また、破水してしまうと、感染リスクが高まり、早めに出産しなくてはいけないため、次の日の朝院長の診察で促進剤を使うか判断しようといわれました。

 

お風呂のでの破水したので、感染してたらどうしようと不安でしょうかなかったですが、助産師さんが普通の対応だったので、大丈夫なんでしょうね。

 

一番風呂でよかったわw

 

あと、何が破水の原因になったかって、私は、おっぱいマッサージだと思います。実際に、産婦人科の先生からも、予定超過しているときに何をしたらいいか聞いたら、おっぱいマッサージだといわれたので、陣痛ジンクス諸々よりかは根拠があるのではないかと思います。

 

自分が破水するまで、実際に破水した人のブログとかで、破水したときには音がするって書いてあったけど、嘘だと思っていました。しかし、破水したとき音がしました。それが、自分以外の人に聞こえているのかはわからないけれど、自分では確実に感じました。あっ、何かが割れた?って。

 

予定日超過だけど、心の準備なんて全くできてなくて、予想外の破水で、出産って面白いなぁって、今になって思います。

 

続きます。

 

 

出産しました!(約2か月前)

だいぶブログ更新滞りましたが、

人生初の子育てをしていました。(しています。)

 

子供は思っていた以上に、かわいい存在です。

 

もうすぐ2か月。

やっとこさ、生活のリズムが整いつつあるので、忘れないうちにブログ再開。

 

人生で一度しかない(家族計画で決定している。)妊娠・出産・子育て。忘れないうちに記録に残しておこうとおもいます。

NISSIN 有名店シリーズ 六厘舎 魚介豚骨中華そば

妊娠前はカップラーメンとか大好きで、セブンの一風堂・山頭火とかよく食べてたんだけど、さすがに妊娠後は自粛。浮腫むのが怖くて。

 

それなのに、この前夫とマルエツにいったら新商品で大量に並んでて、六厘舎好きの夫が欲しいと言い出したので購入。

 

次の日くらいの夜に、夫が食べたいと言い出した。

すっごいいい匂い。

思わず半分もらった。

 

これおいしい!!!!

スープが魚介が効いてていい感じ!!!

はい…

〆には、ごはんを入れて食べました。

 

たまにはいいよね(^^♪

(と、いいつつ後日、買い足して家にストックしているw)

f:id:thebonimarus:20170215212826j:plain

f:id:thebonimarus:20170215212833j:plain

妊娠中に買った 妊婦グッズ

もうすぐ妊婦期間も終了!

多分、これが人生最初で最後の妊娠生活。

 

最後の妊娠ということを

わかっていたこともありますが

もともと限られた期間の妊娠生活。

 

ほとんど妊婦グッズを買いませんでした…。

それでも十分に過ごすことができたので、

これから妊婦になる皆さんも無理に買うことないですよ!

(いや、お金があればいろいろ買いたかったんだけどね。)

ちなみに

・洋服⇒基本はいままで来ていたワンピース。もしくはゆったりした服。え?それ妊婦用じゃないよね?ってわかるけど、別に平気。

・下着⇒パンツは通常通りで問題なし。ブラはもともとユニクロのブラキャミを愛用していたので、それをそのまま着用。ただ、後半は、油断するとすぐ上にめくれるので、注意が必要w)

・骨盤ベルト⇒トコちゃんベルトとか買っておくべきだったのかな。とりあえず、産前は不要でした。産後、リフォームにもしかしたら必要かもしれません。

 

そんな私が、唯一妊娠当初に買って持っていたのが、抱き枕です。

f:id:thebonimarus:20170215202522j:plain

汚らしい感じでごめんなさいw

使うと楽な日と要らない日があるんだけど、

やっぱり寝ずらい時にあると助かりました!

初期から使っているだけにだいぶへたっているけどねw

 

多分、授乳に使うのはへたっているし厳しいと思うんだよね。丸の形にするのめんどくさいし。ただ、抱き枕としては大活躍してくれました。

 

あとは、食事はほとんど気を使わなかったんだけど、葉酸は病院でも売っているし、進められるので、夫に【ベルタ葉酸サプリ】 を購入してもらいました。

f:id:thebonimarus:20170215204746j:plain

割と高いのですが、定期購入がお買い得なので、定期で購入して、余った分はヤフオクで売却しました。効果とかわからないのですが、一応、きちんんと葉酸とったぜ!という自信につながりますw

 

 

FLが平均より短い…と思ったけど。

出産予定日を過ぎました!

全く陣痛の気配がなく、若干焦っています。

(早く生まれないと私の体重増加がやばい…)

 

私は、検診で胎児の体重をだすと、該当週数の平均より本当に若干下というのが、早い時期からずっと続いていました。

 

特に医者から指摘されることもなく、このくらいは誤差だと思っていました。

 

しかし、年明けのある時の診断で、この体重を出すのは、頭の大きさ(BPD)・大腿骨(FL)・腹囲(EFW)の数値をもとに計算されることを知りました。

※私がそう認識しているだけなので違っている可能性があります※

 

そして、それぞれの数値を見ると…

頭が大きくて、大腿骨が短いことに気が付きました。

 

何気なくネットで調べてみると、FLの発達が遅いと病気の可能性もある…みたいなことが書いてある。

 

というか、ネットなんて良いこと書いてあるわけなにのに、見なければいいのに…つい見てしまうんですよね~。

 

心配になって夫に、このことを話すと、ネットなんてあてにならない!医者が何も言わないんだったら大丈夫だ!!と。

 

まぁ、そのとおりなんですけどね。

 

下は、だいたいの数値です。

<参考>

37週目 BPD:91/FL:67(A先生)

38週目 BPD:94/FL:60(B先生)

39週目 BPD:93/FL:62(B先生)

40週目 BPD:98/FL:75(C先生)

 

38週目、39週目で37週目よりもFLが短くなっています。B先生の時だけ明らかに短くなっていることが、こうやってみるとわかります。39週目の時に、不安になって『大丈夫ですか??短くないですか??』と聞いてみると、『こんなの数ミリだからね、関係ないよ~。』と。悪い先生ではないんだけど、デリカシーないんだよねw、B先生の測り方の癖とかあるんだろうね。

 

あと、エコーで全部がきれいに見えるわけはないので、胎児の体勢とかも影響しているみたいです。

 

40週でC先生に測定してもらったら、標準圏内に入ったのでちょっと一安心です。

 

正直、生まれてみないと、実際のところはわかりませんは、臨月でいろんなことが不安になってしまう時期に、安心材料が増えてよかったです。