読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それいけ!!ぼにまる家!!

30代兼業主婦のぼにまるの家族とあれこれについて。

婚活して結婚した人は、その後幸せなのか??②

www.thebonimarus.com

 

こちらの続きです。

合コンNG。お見合いパーティーNG。

さてさて、お次は…

 

③ネット婚活を始める。

私は、ネット婚活一押しです。

 

夫との出会いがネット婚活というのもありますが、一番効率的だと思います。費用対効果もそうですが、精神的ダメージも一番少ないと思っています。こちらも、いろいろなサイトを試しましたが、今、主流のサイトをみてみると、栄枯盛衰なのかいくつか使っていたサイトがなくなっているような…。

 

今でも、そこそこ人気そうで、私も使っていたのはこちらになります。

ユーブライド

エキサイト婚活

ブライダルネット

申し訳ないことに、どれがどんなシステムだったのか全然覚えていません。

 

ただ、私が、気にしていたのは特定の人に対しての写真の公開を選択できたかだったように覚えています。

 

もともと陰気な性格なので、写真は全体公開せず婚活していたのですが、ある日、会社の同僚(男性)を発見したのです。その男性は癖の強い人で、周りからは若干嫌われていました。そうです。写真を全体公開すると知人に一発でばれます。プロフィールとか恥ずかしすぎて見られたくなかったのです。

 

あとは、まぁ細かいシステム・金額の差はあるものの、

最初の『いいね』的なのが成立したら、メールでやりとり→会う→その後は流れ次第。というので、どこも一緒だと思います。

 

私がネット婚活のメリットだと思うのは、メールのやり取り(文面等)で、相手が、ヤバいやつかどうか、気が合うかが大体わかる点です。会いたくない人には合わずに、個人情報を漏らさずに、さよならができます。逆に、バイバイされることももちろんあります。

 

なので、ネット婚活であった人は、みなさんとてもいい人達でした。今後(結婚)につながらないことが99%(夫以外全員なのでw)でしたが、いろんなお店でご飯も食べれたし、いろんな職業の方と話もできたし、当時は、成果が出ずに枕を濡らす日々でしたが、成果がでないということ以外では楽しめたと思います。

 

デメリットは、ある程度期間が長引くと、新しい人が増えない(一定条件で検索しても同じ人ばっかりw)ことです。なので、私は長期会員にはならずに、短いスパンで登録して、検索しても顔ぶれが変わらなくなったら期間を少し空けてまた登録(課金)したりしていました。空白期間は、違うサイトに登録したり、次に書く、結婚相談所の方に力を入れていました。

 

僭越ながら、一応、結果(結婚)を出した私のネット婚活のコツがあります。

 

・だらだらメールのやり取りをしない。早めに会う!OR早めにやり取りやめる!

・同じ理由で、知人でないと思ったら早めに写真公開!

(顔も知らない状態でメールのやり取りをしてしまうと、お互い理想のイメージばっかり大きくなってしまって、あったときに無駄にハードルが高くなります。また、会った後にどちらかがイメージと違っていた場合、断りずらくなります。

あと、婚活は時間との闘いだと思っているので、対象でない人とやり取りをしている時間はないと思っていました。違うと思ったら早めにやり取りをして次‼次‼!。)

 

・最初のアプローチは、自分からでもOK!

(女性の場合、それは恥ずかしい…。という方もいるかと思いますが、そんなこと言っている場合ではありません。またネット婚活の場合、積極的にメールをしてくる男性は誰にでもそうしている可能性があります。来る人を待っているだけでは、持ち駒は増えません。私は気になったら、積極的にメールしました。メールは、『プロフィールをみて、〇〇の趣味が同じとか〇〇が素敵だと思いました。もしよかったら、メールしませんか?的な。この時、写真も一緒に公開したかな?)

 

・テンプレメールを送ってくる人は大体よくない!

(私が登録をしていた時は、新規登録をすると、すぐテンプレ(みんなに同じメールを送っているんだろうなぁ)メールを送ってくる男性が何人もいました。新着会員の項目をみているんだと思います。私は、前述のとおり、登録・退会を繰り返していましたので、大体同じ人がテンプレメールを送ってくることに気が付きました。そういう人って、それだけで私はちょっと嫌だなぁと思っています。迷惑メールと一緒で、数打てば当たる感が強すぎる気がして、私は絶対合わないと思い、まじめに取り合うことはありませんでした。)

 

・辛くても立ち止まらない!

(なんか精神論みたいになってきましたがw、いいなぁと思った人に、いいなぁと思われないことが続くと、しんどくなってくると思います。私は、毎回しんどかったです!私の価値って…。と思っていました。

 

けど、いいなぁと思える人に会える時点で、婚活している意味はあるんだと思います。例えば、1年活動して100人に会ったけど、気になる人は0人だった。とかだと、そもそも何かが違うのではないかと思います。それが、10人にあって、気になる人が1人でもいれば、あとは、その気になる人で、自分のことを気に入ってくれる人に会えるまで頑張るだけだと思うんです。その人に会うまで、立ち止まっている時間はないんです!)

 

・結果が出ないことが苦しかった数字で管理してみる。

(上記に繋がりますが、婚活がうまくいかなくて苦しくて、辞めたくなることが私は多々ありました。そういう時に、目標をもっと近いところにおいて、例えば、・今月に何人にメールする。(達成できない分は仕方なくお見合いパーティーに参加して補う。)・何人に会う。とかとか。もともと体育会系の私はこうなると俄然そこまでは頑張れるんです。

 

不思議なもので、つらい時に、もうひと踏ん張りしてみると、その次にあった人と盛り上がったりしました。単純なもので、この繰り返しで婚活を乗り切っていました。)

 

と…、偉そうに書いてみました。

最近、婚活中の友達と話しをすることもあり、何かの参考になれば幸いです。そして、思った以上に長くなってしまったので、③に続きますm(__)m