読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それいけ!!ぼにまる家!!

30代兼業主婦のぼにまるの家族とあれこれについて。

出産までの道のり③~陣痛痛すぎからの無事出産~

出産

さて、陣痛室で陣痛促進剤を投入された私。

促進剤は、だんだん量を増やしていくとのこと。

最初は余裕がありました…

(夫がメモを取っていたのでそれを参考にブログ書きました)

 

9:00

陣痛促進剤投入

10:30

だいぶ苦しくなってくるが、まだ話ができるレベル。

11:00

さらに苦しくなる。痛みでいうとお腹ではなくて背中が痛い。きちんと呼吸をすることができて、大きく吸って吸って吐いて~を繰り返す。助産師さんに褒められる。この時、助産師さんにお昼ごはんを食べれるか聞かれて、ハイ。と答える余裕がまだあった。あと、すごい暑くてアイスノンを要求したが、冷えがよくないそうで断られる。むしろ足が冷たいので、靴下をはいた方がいいといわれ、夫にコンビニに靴下を買ってきてもらう。

12:00

とてもご飯が食べれる状態ではなくなる。呼吸もうまくできなくて、痛い!!と声がでてしまう。夫にテニスボールで尾てい骨?あたりを押してもらい、背中をさすってもらうことに。

13:00

陣痛時は夫のテニスボール&マッサージなしでは耐えられないレベル。とにかく痛い。声も出る。そして、助産師さんから陣痛時にいきんでしまうことで赤ちゃんが苦しんでいる。いきまないで。声を出さないで呼吸をして!と怒られるが、無理ぽ…。

13:30

死ぬ。痛くて死ぬ。陣痛も波がなくて、ずっと痛い。誰か私を殺してくれ…。もう耐えられないと発狂するレベル。同じ陣痛室(2人部屋)にいた、私よりも後から来た妊婦さんが先に分娩台へ行ったようで精神的にもダメージ大。

14:00

いきみを逃せない。出産前にいきみを逃すのが辛かったという体験談をいくつも見たが、納得。もう無理!!!!!ということで、夫にナースコールを押してもらう。子宮口が9センチになったため分娩室に移動。最後の力を振り絞ってサクサク移動。

14:30

分娩台に来てからは、だいぶ楽に。陣痛がきたら、ただただ全力でいきむ!助産師さんと先生がいきみ方も教えてくれるから、それとおりにするだけ。しかも、上手よ!もうちょっとよ!と褒めてくれる&ゴールが見えているためやる気が復活。

15:30

娘誕生!私も夫も感動感動。おぎゃーおぎゃーと泣いてくれて一安心。娘を抱っこしている間に胎盤を取り出し、裂けたところを縫い縫い。胎盤は思っている以上に大きかったです。そして、取り上げてくれた女医さんがいい人で、自分の育児の体験談等一緒に雑談していました。

 

陣痛室で同室だった妊婦さんは、終始とても静かで、叫んでいた私が恥ずかしい感じでした。私の周りの経産婦さん達も痛さで叫んだっていっていたけど、本当に我慢できない痛みでした。私は痛みに強いタイプだし、叫ばないよな~って思っていましたが、大絶叫です。もう2度と出産なんてしない!!ってその時は思いました。

 

あと、陣痛時にテニスボールがいきみ逃しにいいと噂に聞いていましたが、まさかこんなに効果があるとは思っていませんでした。陣痛中の水分補給等もふくめて夫のサポートがなかったら、無事出産できていたがどうか…。陣痛中は「早く!さすってよ!」「もっと強く!」「休むな!」「遅い!」と夫に暴言吐きまくりでしたが…。夫も最後は体力の限界が近づいてきていたようで、下着一枚になって汗だくではぁはぁ言いながらヨレヨレになって私をさすっていましたwwww

 

一方、同室の妊婦さんは、旦那さんに『出産まで時間かかるし一旦家に帰っていいよ』と何回も言っていました。

 

私としては、陣痛時に役に立たなくても、出産がいかに苦しいか、共有してほしかったので夫にはずっと立ち会ってほしいと希望していて思いのほか役に立った感じでしたが、人によっては、邪魔に感じたり、苦しいところを見られたくない思いがあったり、出産の数だけいろいろな形がありますよね。